野の花・山の花 見た撮った

日課のウォーキングや山歩きで見つけた「野山の花」写真ブログです。

アケボノセンノウ  

 この花はピンク色じゃが、同じ花で白があるんじゃ。
 ところが名前が別に付いておる。
 そして別名も複数もっている不思議な花じゃな。

 今日の「見た撮った花」は... 『アケボノセンノウ』じゃ。
  別名はシレネ、フクロナデシコ、サクラマンテマ、サクラギソウなど。

 s-Ca-20170518-123331-0.jpg

 s-TG3-20170620-134157-0.jpg

 s-Ca-20170518-123453-0.jpg

 s-TG3-20170620-134206-0.jpg

 s-TG3-20170620-134243-0.jpg

 『アケボノセンノウ』    ナデシコ科(マンテマ属)   (2017.5.18近隣草地等で撮影)  

 原産地のヨーロッパでは雑草の扱いだが、日本ではアルプスの花として流通もしておる。
 北海道でも完全に雑草扱いじゃな。どこらじゅうに生えておるからのぅ。
 特徴は以下のとおり。

  高さ80cmほどになる雌雄異株の多年草。
  茎や葉に長軟毛が密生する。
  下部の葉は長さ3-12cmのヘラ状で長い柄がある。
  上部の葉ほど小さく、対生し長卵形~広卵形で柄がない。
  花は径1.5cmほどで5枚の花弁の先が2裂する。
  がく筒は雄花で筒状、雌花で長卵形。
  10本の脈がある。


 s-Ca-20170518-123400-0.jpg

 s-Ca-20170518-123437-0.jpg

 s-Ca-20170518-123540-0.jpg

 s-TG3-20170620-135322-0.jpg

 一番下の写真ではがく筒が膨らんでいるのが、わかるじゃろ?これが雌花(雌株)じゃ。
 雄花のがく筒はこれほど膨らんではおらん。
 花の色合いも濃いピンクから淡いピンクまで様々じゃな。

 白花が別名として図鑑では分けてあるが、単に色違いでも良いと思うんじゃが・・・



※掲載写真は(一部を除き)コンデジで撮影したものじゃ。(ピントが甘い)

 コメント欄は勝手ながら表示しておらんでの、手数を掛けるが拍手ボタンから頼むぞぃ。

 今日も来てもらってすまんのぉ。
 ランキングに参加しておるでのぉ、一押し!
 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

キバナオドリコソウ  

 オドリコソウとソックリであるが、葉に斑があるのと花の色が違っておる。
 ヨーロッパ原産と言われ、元々は園芸用に入ったようじゃが、外に逃げ出し野生化した。
 アチラでは黄色と桃色があるそうじゃ。

 今日の「見た撮った花」は... 『キバナオドリコソウ』 という花じゃ。

 s-TG3-20170525-141818-0.jpg

 s-TG3-20170525-141850-0.jpg

 s-TG3-20170518-134829-0.jpg

 s-TG3-20170525-141944-0.jpg
 
 s-TG3-20170518-134742-0.jpg
 
 『キバナオドリコソウ』   シソ科    (2017.5.25近隣遊歩道脇で撮影)

 最初は白の「オドリコソウ」しか知らんかったのじゃが、街中の土手に群生しておるのを見つけた。
 単にオドリコソウの変種かと思うたが、別の名前が付いておった。
 別名を「ツルオドリコソウ」と言い、特徴は以下のとおり。

  草丈15~30cmほどの多年草。帰化。
  茎は下部で分岐して開花時に立ち上がり、四角形で下向きの短い毛がある。
  葉は対生し、卵形~心臓形で、長さ5~8cm。
  先は鈍頭、縁には鋸歯がある。下部の葉には長い葉柄がある。
  長さ15mmほどの黄色の唇形花を茎の上部の葉腋に数個ずつつける。
  花冠は長さ1~2cmで、上唇はかぶと状。下唇は3裂し、中央裂片は前に突き出る。
  葉に銀灰色の斑の入るものは亜種で、日本のものはほとんが斑入り。


 s-TG3-20170525-142050-0.jpg

 s-TG3-20170518-134855-0.jpg

 s-TG3-20170518-134700-0.jpg

 s-TG3-20170525-141909-0.jpg

 この花は図鑑には載っておらんかった。
 元々が園芸種だったからじゃろう。



※掲載写真は(一部を除き)コンデジで撮影したものじゃ。(ピントが甘い)

 コメント欄は勝手ながら表示しておらんでの、手数を掛けるが拍手ボタンから頼むぞぃ。

 今日も来てもらってすまんのぉ。
 ランキングに参加しておるでのぉ、一押し!
 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

▲Page top