野の花・山の花 見た撮った

日課のウォーキングや山歩きで見つけた「野山の花」写真ブログです。

フデリンドウ  

 リンドウの仲間の中でも小柄な花で、この花のファンは多いようじゃな。
 北海道の野山で見られるリンドウの仲間は10種ほどあるようじゃ。

 今日の「見た取った花」は.. 『フデリンドウ』 じゃ。
 
 s-TG3-20170531-095517-0.jpg

 s-TG3-20170531-092624-0.jpg

 s-TG3-20170531-094245-0.jpg

 s-Ca-20170531-095548-0.jpg

 s-TG3-20170531-094938-0.jpg

 『フデリンドウ』   リンドウ科   (2017.5.31 近郊山道等で撮影)

 リンドウ属の中でも最初に咲くのがこの花じゃな。
 閉じた時の花が筆に似ておることから名づいたようじゃ。
 太陽が出ないと花を開かないタイプじゃ。
 特徴は以下のとおり。

  高さ5-10cmの2年草。
  茎に稜と微細な突起がある。
  地表にロゼットとつくらず茎葉は対生し、葉身は暑く肉質。
  長さ5-15mmの卵形~広卵形で柄がなく先がとがる。
  花冠は長さ18-25mmで先が5裂し径15mmほど。
  裂片間に小さな副片がある。
  萼筒も5裂し、裂片の先は鋭くとがる。
  緑色の苗の状態で越冬する。

 この花は全国で見られる。


 s-Ca-20170531-095601-0.jpg

 s-TG3-20170531-095538-0.jpg

 s-TG3-20170531-095601-0.jpg

 s-TG3-20170531-092647-0.jpg

 小さく目立たない花じゃから、登山道などでよく踏まれてしまうようじゃ。
 1本みつかると、周囲にもある可能性が高いようじゃ。
 山では気をつけて歩くことじゃな。



※掲載写真は(一部を除き)コンデジで撮影したものじゃ。(ピントが甘い)

 コメント欄は勝手ながら表示しておらんでの、手数を掛けるが拍手ボタンから頼むぞぃ。

 今日も来てもらってすまんのぉ。
 ランキングに参加しておるでのぉ、一押し!
 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

オオヤマフスマ  

 ちょっとした山へ行けばまとまって咲いておる花じゃ。
 花がちいさくて地味でもあり、ハイカーたちにも見過ごされがちじゃな。
 しかし、よく観察するととても綺麗な花じゃよ。

 今日の「見た撮った花」は... 『オオヤマフスマ』 じゃ。

 s-TG3-20170621-104851-0.jpg

 s-TG3-20170606-094137-0.jpg

 s-TG3-20170606-094331-0.jpg

 s-TG3-20170606-094250-0.jpg

 s-TG3-20170606-094216-0.jpg

 『オオヤマフスマ』 (別名;ヒメタガソデソウ)  ナデシコ科  (2017.6.6 近隣山道等で撮影)

 北海道から九州各地で見られる植物じゃ。
 名前の由来は、 あぜ道などに生えるノミノフスマに似ており、葉が大きいことから。
 特徴は以下のとおりじゃ。

  高さ10-15cmの多年草。
  地下茎が伸びまとまって生え、茎は細く短毛がある。
  葉は対生し、長さ1-2.5cmの長楕円形で、円頭で柄はない。
  花は雌花と両性花があり、両性花の方が大きく、1cm以上ある。
  花弁は5枚あり、先は2裂しない。
  がく片は5枚、花弁に比べてごく短い。
  雄しべは10本、花柱は3個ある。


 s-TG3-20170606-094150-0.jpg

 s-TG3-20170621-104517-0.jpg

 s-TG3-20170606-094206-0.jpg

 s-TG3-20170621-103256-0.jpg

 名前にある 「フスマ(衾)」 とは布団のことじゃが、由来がいまひとつはっきりせんのぅ。
 群れることがおおいので、花の時期は見つけられるじゃろう。




※掲載写真は(一部を除き)コンデジで撮影したものじゃ。(ピントが甘い)

 コメント欄は勝手ながら表示しておらんでの、手数を掛けるが拍手ボタンから頼むぞぃ。

 今日も来てもらってすまんのぉ。
 ランキングに参加しておるでのぉ、一押し!
 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

▲Page top