野の花・山の花 見た撮った

日課のウォーキングや山歩きで見つけた「野山の花」写真ブログです。

ハナハッカ(オレガノ)  


 今日の「見た撮った花」は... 『ハナハッカ』 (オレガノ)という花じゃ。

 s-OLYMPUS IM20160807-125514-0

 s-O20160807-125601-0.jpg

 s-O20160807-125542-0.jpg

 s-O20160807-125547-0.jpg

 『ハナハッカ』   シソ科  (2016.8.7近郊山道にて撮影)

 近年は「オレガノoregano」と言う方がわかるのかのぅ。
 属名のOriganumはギリシャ語で「山の喜び」を意味するそうじゃ。
 地中海気候で育ち、米国北東部にも自生するようじゃな。
 日本には江戸末期に渡来したと言われておる。
 料理やハーブティーにも大活躍の植物として良く知られておる。
 植物としての特徴は以下のとおりじゃ。

  高さは60cmから90cm。茎は柔らかく枝分かれしていてかつ毛深い。
  葉は概ね卵形で、表面が滑らかなものと毛が生えたものに分かれる。
  夏から秋にかけて、白、赤紫色の花を咲かせる。
  生育には、やや乾燥気味の気候が適し、園芸植物としても好まれる。

 ミント系の代表格でお茶やお菓子、料理などの他に生薬としての活用も多い植物じゃな。
 生の葉のままでは青臭いが、乾燥すると芳香と快い苦味が料理を引き立ててくれる。
 イタリア、メキシコ、スペインなどの料理では肉や魚の臭い消しに欠かせない素材じゃそ。



 s-O20160807-125604-0.jpg

 s-O20160807-125521-0.jpg

 s-O20160807-125529-0.jpg

 強い香りを持つことから「芳香ハーブ」としても使われるのは知ってのとおりじゃ。
 際立った鎮静力をもち、気分が落ち込んでいる時に元気と勇気を取り戻す香りとも言われる。
 殺菌、解毒、消化促進にも役立つほか、疲労時のマッサージオイルとしても良いようじゃな。
 消臭剤や入浴剤などでもミント系は人気があると思うがのぅ。


 ※冬期間は、シーズン中に様々な理由で未掲載となっていた花たちをUPしておる。
 ※掲載写真は(一部を除き)コンデジで撮影したものじゃ。(ピントが甘い)

 コメント欄は勝手ながら表示しておらん。手数を掛けるが拍手ボタンから頼むぞぃ。

 今日も来てもらってすまんのぉ。
 ランキングに参加しておるでのぉ、一押し!
 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

スポンサーサイト

▲Page top