野の花・山の花 見た撮った

日課のウォーキングや山歩きで見つけた「野山の花」写真ブログです。

ノカンゾウ  


 今日の「見た撮った花」は... 『ノカンゾウ』 という花じゃが...

 s-O20160731-144923-0.jpg

 s-O20160806-151922-0.jpg

 s-O20160731-144928-0.jpg

 s-O20160731-144938-0.jpg

 『ノカンゾウ』  ワスレグサ科(ユリ科)  (2016.7.31 近隣公園林地内等にて撮影)

 植物の分類変更によって「ユリ科」から「ワスレグサ科」に変更となった花じゃ。
 この花は「ヤブカンゾウ」と間違われることも多い花でな、特徴は以下のとおりじゃぞ。

  本州から(*)沖縄にかけてと、中国などに分布する。
  葉は根際から生え、細長い線形で弓状に曲がって垂れる。
  幅1.5cmほどの細長い剣状の葉。
  花茎は高さ70〜90cm。花は直径約7cm。花筒は長さ3〜4cmあり、
   ヤブカンゾウやハマカンゾウより細くて長い。
  太くて強い茎の下から順番に2つに分かれた先に花をつけていく。
  花の形は百合(ユリ)に似ていて、橙色をしている。
  花びら(花被片)は6枚で、花びらの真ん中に黄白色の筋が入る。
  なお、花は一日花で、朝開き夕方にはしぼむ。

 まぁ、こんな感じの花じゃが、北海道には自生しないことになっておるのぅ。
 しかし、実際には野生化した「ノカンゾウ」がホレ!この通り咲いておった。
 

 s-O20160806-151932-0.jpg

 s-O20160806-151929-0.jpg

 s-P20160731-144639-0.jpg
 花や若葉は食用にできるが、あまり利用はされておらんようじゃ。
 生薬としても活用があり、利尿作用があるそうじゃ。

 
 ところで、間違いやすいと言われる『ヤブカンゾウ』じゃが、一番の違いは花が八重になること。
 下の写真がその「ヤブカンゾウ」じゃぞ。 花の造りが違うじゃろ?
 
 s-P20160803-102956-b.jpg
 だが、花が咲く前だと判断が難しいんじゃよ。


 ※冬期間は、シーズン中に様々な理由で未掲載となっていた花たちをUPしておる。
 ※掲載写真は(一部を除き)コンデジで撮影したものじゃ。(ピントが甘い)

 コメント欄は勝手ながら表示しておらん。手数を掛けるが拍手ボタンから頼むぞぃ。

 今日も来てもらってすまんのぉ。
 ランキングに参加しておるでのぉ、一押し!
 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

スポンサーサイト

▲Page top