野の花・山の花 見た撮った

日課のウォーキングや山歩きで見つけた「野山の花」写真ブログです。

エゾノキリンソウ  


 今日の「見た撮った花」は... 『エゾノキリンソウ』 という花じゃ。

 s-O20160723-101325-0.jpg

 s-O20160731-095519-0.jpg

 s-O20160723-101404-0.jpg

 s-O20160723-101347-0.jpg

 『エゾノキリンソウ』   ベンケイソウ科  (2016.7.31 近郊山道にて撮影)

 全国に分布する「キリンソウ」と同種ながら、道内に自生する種は少し小さめな花で
 特徴は次のとおりじゃ。

  高さ20cmほどになるベンケイソウ科の多年草。
  学名の一部をとって「セダム」という別名もあり。
  無毛で横に走る根茎から地上茎を立てる。
  多肉質で光沢のあるくさび形の葉を互生し、葉の長さ2.5cm前後。
  鈍頭または円頭で上部に鋸歯状の切れ込みがある。
  花は径1.2cmほどで雄しべの葯は始め紅紫色である。
  (キリンソウはやや大型で茎が株立状、葉はやや尖る)
  麒麟草、又は黄輪草と書く。

 想像上の動物である麒麟の胸が黄色であることから、という説と、
 黄色い花が輪になって咲くという説で、漢字名が異なるのが面白いべ?

 キリンソウの仲間は特定が難しい変種もあるようじゃが・・・
 仲間には「ヒメキリンソウ」「ホソバキリンソウ」「タケシマキリンソウ」など。

 ところで、下の写真を見てほしいのじゃが、少し色合いが異なるじゃろ?
 茎とか葉の周りが紅色に色づいておる。
 これはただの変種か?


 s-O20160731-095447-0.jpg

 s-O20160731-095443-0.jpg

 s-O20160731-095504-0.jpg

 s-O20160731-095507-0.jpg
 
 これも同じ地域で撮影したのじゃが、生えておる場所は離れておった。
 色々調べてもみたが、素人爺にはわからんて...


 ※冬期間は、シーズン中に様々な理由で未掲載となっていた花たちをUPしておる。
 ※掲載写真は(一部を除き)コンデジで撮影したものじゃ。(ピントが甘い)

 コメント欄は勝手ながら表示しておらん。手数を掛けるが拍手ボタンから頼むぞぃ。

 今日も来てもらってすまんのぉ。
 ランキングに参加しておるでのぉ、一押し!
 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

スポンサーサイト

▲Page top