野の花・山の花 見た撮った

日課のウォーキングや山歩きで見つけた「野山の花」写真ブログです。

ヤマハギ  


 今日の「見た撮った花」は... 『ヤマハギ』 についてじゃ。

 s-O20160727-115124-0.jpg

 s-O20160727-115049-0.jpg

 s-20160727-115101-0.jpg
 『ヤマハギ』  マメ科  (2016.7.27 近隣山裾等で撮影)

 実は「ヤマハギ」は北海道では『エゾヤマハギ』と呼ばれるのが一般的なんじゃ。
 ハギは全国で見られるが、特に広く普及しているのは『ミヤギノハギ』じゃろうな。
  宮城の=ミヤギノで、宮城県に多くみられ「センダイハギ」とも呼ばれておる。
 それと、草とも木ともとれるような生体じゃから『半低木』などと呼ばれておる。
  落葉低木ではあるが、木本とは言い難い面もある。茎は木質化して固くなるが、
  年々太くなって伸びるようなことはなく、根本から新しい芽が毎年出るんじゃよ。

 エゾヤマハギの一般的な特徴としては以下のとおりじゃ。

  高さ2mほどになるマメ科落葉樹。
  葉は3出複葉、小葉は高倒卵形で先は円く長さ2-5cm、裏面は微毛がありやや白色。
  花は長い総状花序に紅紫色で長さ1.5cmほどの蝶形花をつける。
  山野の沿道沿いなどで多く見られる。



 s-O20160918-133906-0.jpg

 s-O20160918-133913-0.jpg

 s-O20160918-133926-0.jpg
 これらは『ミヤギノハギ』で、枝先が垂れているのが特徴の一つじゃな。
 
 s-O20160918-133945-0.jpg

 s-O20160925-101302-0.jpg
 白いハギは『シロバナハギ』とも呼ばれるが、ミヤギノハギの一種じゃな。


 ご存知の通り、秋の七草の一つでもあるハギじゃが、
 万葉集にも出てくるほど日本人には馴染み深い植物でもある。
 詩や歌、絵などの文化的な要素も持ち合わせ、日本人の心に合っているようじゃな。



 ※冬期間は、シーズン中に様々な理由で未掲載となっていた花たちをUPしておる。
 ※掲載写真は(一部を除き)コンデジで撮影したものじゃ。(ピントが甘い)

 コメント欄は勝手ながら表示しておらん。手数を掛けるが拍手ボタンから頼むぞぃ。

 今日も来てもらってすまんのぉ。
 ランキングに参加しておるでのぉ、一押し!
 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

スポンサーサイト

▲Page top