野の花・山の花 見た撮った

日課のウォーキングや山歩きで見つけた「野山の花」写真ブログです。

コウゾリナ  


 今日の「見た撮った花」は... 『コウゾリナ』 という花じゃ。

 s-C20160726-120139-0.jpg

 s-C20160726-120153-0.jpg

 s-C20160726-120145-0.jpg
 『コウゾリナ』  キク科  (2016.7.26 近隣草地等で撮影)

 全国の草地や山地などで見られるありふれた花、とも言えそうじゃな。
 タンポポ亜科のコウゾリナ属というように、よくあるタンポポ似の花じゃ。

 特徴は以下のとおり。

  高さ1.5mほどになる2年草。
  全体に剛毛があり触れるとざらつく。
  ロゼット形の根出葉は花期には枯れる。
  茎葉は互生し、倒披針形。
  頭花の径は2.5cmほどで舌状花のみからなる。
  総苞は緑色。


 漢字では「髪剃菜」と書くがザラザラ感から「カミソリナ」と呼ばたことから名づいたようじゃな。
 
 とにかく、茎も葉も毛だらけでザラザラして、衣服にくっついたりするんじゃ。
 
 s-C20160726-120129-0.jpg

 s-C20160726-120126-0.jpg

 キク科の例にもれず、果実は羽毛状の冠毛のついた痩果が頭状になって
  種子は風で遠くに飛び繁殖するしくみじゃ。
 花の数が多いので秋には「綿毛の球」がたくさん浮かんでいるように見えんじゃよ。

 ※アチコチ探したが、どうやらこの5枚しか撮影しておらんかった、失敗じゃ!


 ※冬期間は、シーズン中に様々な理由で未掲載となっていた花たちをUPしておる。
 ※掲載写真は(一部を除き)コンデジで撮影したものじゃ。(ピントが甘い)

 コメント欄は勝手ながら表示しておらん。手数を掛けるが拍手ボタンから頼むぞぃ。

 今日も来てもらってすまんのぉ。
 ランキングに参加しておるでのぉ、一押し!
 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
スポンサーサイト

▲Page top