野の花・山の花 見た撮った

日課のウォーキングや山歩きで見つけた「野山の花」写真ブログです。

クモキリソウ  


 今日の「見た撮った花」は... 『クモキリソウ』 という花じゃ。

 s-O20160726-104847-0.jpg

 s-O20160726-105022-0.jpg

 s-O20160726-104910-0.jpg

 s-O20160726-104921-0.jpg

 『クモキリソウ』  ラン科クモキリソウ属  (2016.7.26 近郊山道にて撮影)

 いかにもラン科の花に見えるじゃろ?
 このクモキリソウ属の花は変種も含めて400種以上が存在するとか。
 花の形も変わっているが、色が緑色だから見逃しやすいのが難点じゃのう。
 
 以下が「クモキリソウ」の特徴じゃ。

  高さ15-25cmの野生ランの多年草。
  地表の偽球茎から2枚の葉と花茎を出す。
  葉は長さ6-10cmの長~広楕円形で、縁は細かく波打つ。
  花は5-15個ついて柄は斜上し、萼片は細い筒状となり長さ8mmほどで開出し、
   側花弁はさらに細く下垂する。
  唇弁は幅6mmほどで中ほどで下に巻き込む。
  花の色は普通は緑色だが、褐色のものもある。


 s-O20160726-104851-0.jpg
 (葉の縁が波打つとなっておるが、これは波打っておらなんだ)

 s-O20160726-104842-0.jpg
 (クマザサと比較しても大きな花でないことがわかるじゃろ?)

 s-O20160726-104916-0.jpg

 通称として緑のものを「アオグモ」、褐色のものを「クログモ」と呼ぶそうな。
 パット見が昆虫に似ているところから名づいたようじゃな。
 
 そっくりな花に「シテンクモギリ」、「大フガクスズムシソウ」などがあるぞ。
 近隣種の花は紫とか褐色系の色が多いようじゃがのぅ。
 地域によっては群生しておるそうな、見てみたいものじゃ。
 (花爺の周辺では群生は見たことがないぞ)
 


 ※冬期間は、シーズン中に様々な理由で未掲載となっていた花たちをUPしておる。
 ※掲載写真は(一部を除き)コンデジで撮影したものじゃ。(ピントが甘い)

 コメント欄は勝手ながら表示しておらん。手数を掛けるが拍手ボタンから頼むぞぃ。

 今日も来てもらってすまんのぉ。
 ランキングに参加しておるでのぉ、一押し!
 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

スポンサーサイト

▲Page top