野の花・山の花 見た撮った

日課のウォーキングや山歩きで見つけた「野山の花」写真ブログです。

広大なヒマワリ畑  

 わずか2-3日少ないだけで、他の月より随分と短く思えるのぉ。
 そんな2月も今日でおしまいじゃ。

 みなみ東北以南では花がどんどん咲きだしておるが、北海道はなぁ...
 早いものでも4月中旬じゃから、もう少しの辛抱か。

 今日は「花のある風景」として、秋に咲いたヒマワリの写真にしてみたぞ。

 s-P0930-131415-d.jpg

 明日から3月じゃが、今年度の花までは間があるでのぅ、つなぎの写真になるが
 お付き合い願えるとありがたいのぅ・・・



  ※冬期間は、シーズン中に様々な理由で未掲載となっていた花たちをUPしておる。
 ※掲載写真は(一部を除き)コンデジで撮影したものじゃ。(ピントが甘い)

 コメント欄は勝手ながら表示しておらん。手数を掛けるが拍手ボタンから頼むぞぃ。

 今日も来てもらってすまんのぉ。
 ランキングに参加しておるでのぉ、一押し!
 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

スポンサーサイト

湿地の水芭蕉  


 今日も「花のある風景」としての更新じゃな。

 s-P20160423-134633-c.jpg
 こんな風景が見られるのまで、まだ二ヶ月近くあるのぅ。

 s-P20160423-134145-c.jpg
 
 春よ来い来い、早く来い・・・と願うしかないんじゃ。



  ※冬期間は、シーズン中に様々な理由で未掲載となっていた花たちをUPしておる。
 ※掲載写真は(一部を除き)コンデジで撮影したものじゃ。(ピントが甘い)

 コメント欄は勝手ながら表示しておらん。手数を掛けるが拍手ボタンから頼むぞぃ。

 今日も来てもらってすまんのぉ。
 ランキングに参加しておるでのぉ、一押し!
 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

はなてんと  


 個別の花は一旦休憩をさせてもらおうかのぅ。

 3月になってもまだまだ雪野原だでな、花のハの字も出てこんわい。
 次のシーズンまでつなぐには、なかなか大変なもんじゃな。

 「花のある風景」の後には「高山植物」などを少し出すつもりなんじゃが...
 もう少し待ってもらおうかのぅ。

 今日の「花のある風景」は...網走の「はなてんと」を撮ったものじゃ。

 s-P0814-103418-0.jpg

 特にコメントすることもないので、また明日な。


  ※冬期間は、シーズン中に様々な理由で未掲載となっていた花たちをUPしておる。
 ※掲載写真は(一部を除き)コンデジで撮影したものじゃ。(ピントが甘い)

 コメント欄は勝手ながら表示しておらん。手数を掛けるが拍手ボタンから頼むぞぃ。

 今日も来てもらってすまんのぉ。
 ランキングに参加しておるでのぉ、一押し!
 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

 

ヌカイトナデシコ  


 今日の「見た撮った花」は... 『ヌカイトナデシコ』 という か細い花じゃ。

 s-O20160824-132744-0.jpg

 s-O20160902-150910-0.jpg

 s-O20160902-150853-0.jpg

 s-O20160902-150748-0.jpg

 『ヌカイトナデシコ』   ナデシコ科  (2016.9.2 近隣草地等で撮影)

 名前からして「か細い」感じのする花じゃ。
 ヌカイトカスミソウ、ワイセイカスミソウと言う別名も持っておる。
 特徴は以下のとおりじゃ。

  ほぼ無毛の茎がよく分岐をこり返し、こんもりした姿になる。
  大きいものだと高さは20cmを超える1年草。
  葉は長さ2-15mmの糸状~針状線形で対生する基部が合着し、托葉はない。
  花は径5-7mmで花弁は5枚、3本の濃い筋が目立つ。
  鐘形の萼筒の2倍長、花柱は2本ある。

 園芸植物のカスミソウの仲間じゃな。
 原産地はヨーロッパで、園芸用として入ってきたが、野生化しておる。
 

 s-O20160824-132912-0.jpg

 s-O20160824-132829-0.jpg

 s-O20160902-150907-0.jpg

 s-O20160902-150759-0.jpg

 本当に小さなものだと、花とわからずに踏んでしまいそうになるのぅ。
 カスミソウはシャキッと立っている感じじゃが、これはフワッとコンモリ...


 ※冬期間は、シーズン中に様々な理由で未掲載となっていた花たちをUPしておる。
 ※掲載写真は(一部を除き)コンデジで撮影したものじゃ。(ピントが甘い)

 コメント欄は勝手ながら表示しておらん。手数を掛けるが拍手ボタンから頼むぞぃ。

 今日も来てもらってすまんのぉ。
 ランキングに参加しておるでのぉ、一押し!
 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

エゾタチカタバミ  


 今日の「見た撮った花」は... 『エゾタチカタバミ』 という花じゃ。

 s-O20160827-113258-0.jpg

 s-O20160827-113351-0.jpg

 s-O20160827-113327-0.jpg

 s-O20160827-113318-0.jpg

 『エゾタチカタバミ』   カタバミ科   (2016.8.27 近郊山道にて撮影)

 少し前の2月6日に「カタバミ」を取り上げておるが、そっくりじゃな。
 カタバミは茎が地を這っているため、背が高くならないんじゃよ。
 それに比べてコレは茎が直立しておる。
 一般的な特徴は次のとおりじゃ。

  地下茎から高さ30cmほどの花茎を立てる多年草。
  茎や葉柄に細毛がある。(写真ではわからない)
  葉は長柄の先にハート形の3小葉がつき、小葉は長さ1cm程度。
  全草シュウ酸を含み酸味がある。
  葉が睡眠運動をし、夕方になって閉じる。
  (閉じると一方が欠けて見えることからカタバミの名がついた)
  花は直径8mm程度で黄色。散形状または集散状に1~3個つく。
  萼片5個、雄しべ10個のうち5個は短い。雌しべ5花柱があってその高さは長い方の雄しべと同じ。
  花の後花柄は下を向きその先に円柱形の果実が上向きにつく。


 s-O20160827-113253-0.jpg

 s-O20160827-113310-0.jpg

 花だけ見ると「カタバミ」「エゾタチカタバミ」「タチカタバミ」の区別がつかないんじゃな。
 茎や細い毛の付き方などで区別するしかないのぅ。



 ※冬期間は、シーズン中に様々な理由で未掲載となっていた花たちをUPしておる。
 ※掲載写真は(一部を除き)コンデジで撮影したものじゃ。(ピントが甘い)

 コメント欄は勝手ながら表示しておらん。手数を掛けるが拍手ボタンから頼むぞぃ。

 今日も来てもらってすまんのぉ。
 ランキングに参加しておるでのぉ、一押し!
 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

▲Page top