野の花・山の花 見た撮った

日課のウォーキングや山歩きで見つけた「野山の花」写真ブログです。

クロホオズキ  


 今日の「見た撮った花」は... 『クロホオズキ』 です。

  s-O20160720-114955-0.jpg

 s-O20160720-115033-0.jpg

 s-O20160720-115011-0.jpg

 s-O20160720-115052-0.jpg

 『クロホオズキ』   ナス科  (2016.7.20 近隣草地で撮影)

 「クロホオズキ」と「オオセンナリ」を同種とする解説もあるようですが、ここでは別扱いとします。
 一番の違いは葉に黒点があることです。
 高さは30-80cmになる1年草です。
 葉は互生し葉身は長さ5-10cmの卵形で縁に不規則な鋸歯があります。
  葉全体にある黒点は僅かに突起状になっています。
 上部の葉腋に1個ずつ花を付けます。
  花冠は口の広い漏斗状で中心部の白に紫の模様が入ります。
  がくは5深裂し花後に成長して膜質となり果実を包むホオズキ状になります。
 クロホオズキの元となった「オオセンナリ」は南アメリカ(ペルー)原産と言われます。
 園芸用に改良されたのが「クロホオズキ」のようですが、野生化もしています。

 s-O20160720-114939-0.jpg

 s-O20160720-114946-0.jpg

 s-O20160720-115045-0.jpg

 s-O20160720-115112-0.jpg

 繁殖力が強く種が溢れた翌年にはドッサリ芽吹きます。
 葉に黒点があるので他の植物との判別も容易です。
 ※毒性があると言われるので口に入れないほうが良いでしょう。



 ※冬期間は、シーズン中に様々な理由で未掲載となっていた花たちをUPしています。
 ※掲載写真は(一部を除き)コンデジで撮影したものです。(ピントが甘いです)

 コメント欄は表示していません。お手数ですが拍手ボタンからお願いします。

 今日も訪問いただきありがとうございました。
 ランキングに参加しておるでのぉ、一押し!
 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

スポンサーサイト

ノリウツギ(サビタ)  


 今日の「見た撮った花」は... 『ノリウツギ(サビタ)』 です。

 s-O20160721-130149-0.jpg

 s-O20160721-130324-0.jpg

 s-O20160721-130204-0.jpg

 『ノリウツギ』 (別名;サビタ)  ユキノシタ科  (2016.7.21 近郊山道で撮影)

 原野や産地に生える高さ5mほどになるユキノシタ科落葉樹。
 サビタの花と言うほうがわかる方も多いかと。
 葉は広楕円形で長さ6-14cm、縁に細い鋸歯があります。
 花は円錐花序に径約4mmの両性花を多数つけ、
  長さ2cmの白い萼片がある装飾花もつけています。
 幹の部分は細工物やパイプの材料にも使われます。


 s-O20160721-130304-0.jpg

 s-C20160721-130328-0.jpg

 s-O20160721-130157-0.jpg

 同じ仲間である 『ミナヅキ』 は全てが装飾花になっています。


※冬期間は、シーズン中に様々な理由で未掲載となっていた花たちをUPしています。
※掲載写真は(一部を除き)コンデジで撮影したものです。(ピントが甘いです)

 コメント欄は表示していません。お手数ですが拍手ボタンからお願いします。

 今日も訪問いただきありがとうございました。


 ランキングに参加しておるでのぉ、一押し!
 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

カラフトホソバハコベ  


 今日の「見た撮った花」は... 『カラフトホソバハコベ』 です。

 s-O20160721-131131-0.jpg

 s-O20160721-131225-0.jpg

 s-O20160721-131150-0.jpg

 s-O20160721-131159-0.jpg

 『カラフトホソバハコベ』  ナデシコ科  (2016.7.21 近郊山道にて撮影)

 高さ10-20cmのナデシコ科多年草。
 茎は斜上して稜上は平滑です。
 葉は対生し線形で長さ1.5-2.5cm、幅は4mmほど。
 花はまばらにつき、径6mmほど。
 花弁は5枚あり、先が深く2裂し、萼片より少し長くなっています。
 ナガバツメクサとそっくりで見分けも難しい花です。
  萼片の外縁は半透明の膜質なのがカラフトホソバハコベの特徴です。


 s-O20160721-131137-0.jpg

 s-O20160721-131206-0.jpg

 s-O20160721-131232-0.jpg

 実際は見てもわかりにくい...というのが感想です。

 ナデシコ科のハコベやツメクサは似たものが多く難しいですね。
 次回はもう少しわかりやすい撮影にチャレンジします。



※冬期間は、シーズン中に様々な理由で未掲載となっていた花たちをUPしています。
※掲載写真は(一部を除き)コンデジで撮影したものです。(ピントが甘いです)

 今日も訪問いただきありがとうございました。
コメント欄は表示していません。お手数ですがコメントは拍手ボタンからお願いします。

 ランキングに参加しておるでのぉ、一押し!
 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

ノゲシ(ハルノノゲシ)  


 今日の「見た撮った花」は... 『ノゲシ』 です。

 s-O20160720-110121-0.jpg

 s-O20160720-110126-0.jpg

 s-O20160720-110137-0.jpg

 『ノゲシ』(ハルノノゲシ)   キク科  (2016.7.20 近隣草地等で撮影)

 高いもので1mほどになるキク科1-2年草。
 葉は羽状に深く切れ込み、不規則に棘状の牙歯があります。
 下部は耳状になって茎を抱き、裂片の先は鋭く尖っています。
 頭花は径2cmほど、多数の舌状花のみからなり、タンポポ似ですね。
 日本には有史以前に中国経由で入ったと思われます。


 s-O20160720-110202-0.jpg

 s-O20160720-110146-0.jpg

 s-O20160720-110140-0.jpg

 日本全国に分布しており、草地などで普通に見られますね。



※冬期間は、シーズン中に様々な理由で未掲載となっていた花たちをUPしています。
※掲載写真は(一部を除き)コンデジで撮影したものです。(ピントが甘いです)

 今日も訪問いただきありがとうございました。
 ランキングに参加しておるでのぉ、一押し!
 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

ボタニックガーデン+α  

 オーストラリア・パースの花の続編です。(これで一旦終わります)


 s-P1101-141440-0.jpg

 s-P1101-141416-b.jpg

 s-P1101-141353-b.jpg



 s-P1101-141252-b.jpg

 s-P1101-141202-b.jpg

 s-P1101-140950-b.jpg



 s-P1101-140843-b.jpg

 s-P1027-122308-b.jpg

 s-P1027-122121-b.jpg

 最後の二枚の写真はボタニックガーデンの花ではありません。
 パースの自宅庭で撮った花です。

 先日に説明したとおり、植物園でなくてもほとんどの花が近くの公園やブッシュで見られます。
 多くはオーストラリアの固有種です。

 ここで、花ではなく「そこら辺で」見かけた鳥を少しだけ。
 (鳥類も固有種が多いですよ)

 s-S1102-073651-ツチスドリ
 これは『ツチスドリ』と呼ばれる野鳥ですが、芝生などに出没しますが、とにかくせわしなくチョコマカ動き回る鳥です。

 s-P1101-142234-マミジロカルガモ
 ボタニックガーデンの噴水池にいた『マミジロカルガモ』の子供です。 近くの芝生に親鳥もいました。

 s-S1101-121809-ミマミワタリガラス
 オーストラリアに多い『ミナミワタリガラス』です。 鳴き声がとても面白い。(カァーカァーとは鳴きません)
 文字では表現できませんが、何とも間延びした鳴き方で慣れるまでは笑ってしまいます。

 s-S1101-065051-ゴシキセイガイインコ
 最後は『ゴシキセイガイインコ』ですが、パースでは市街地でも普通に見かける野生のインコです。
 仲睦まじいツガイで行動することが多い鳥で、鳴き声はけっこううるさいですね。
 インコと言えば「モモイロインコ」もすごい数が飛び回っています。
 庭が広い家が多いので鳥たちもたくさん出入りしていました。

 鳥までついでに載せていまいましたが、パースの花は一旦終了いたします。
 また、その内に紹介したいと思います。

 

※冬期間は、シーズン中に様々な理由で未掲載となっていた花たちをUPしています。
※掲載写真は(一部を除き)コンデジで撮影したものです。(ピントが甘いです)

 今日も訪問いただきありがとうございました。
 ランキングに参加しておるでのぉ、一押し!
 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

▲Page top