野の花・山の花 見た撮った

日課のウォーキングや山歩きで見つけた「野山の花」写真ブログです。

キクイモモドキ(ヒメヒマワリ)  


 今日の「見た撮った花」は... 『ヒメヒマワリ』 です。

 s-O20160709-130356-0.jpg

 s-O20160705-130849-0.jpg

 s-O20160705-130903-0.jpg
 『キクイモモドキ』 (ヒメヒマワリ) キク科 (2016.7.5近隣林内にて撮影)  花言葉=憧れ、崇拝、誘惑

 北アメリカ原産のキク科多年草です。
 全体に毛がありザラつきを感じます。
 「ヒメヒマワリ」との別名のとおりヒマワリを連想させる花です。
 「キクイモ」はこれより大型で2mを超える大きさになります。


 s-P20160715-120325-0.jpg
 s-O20160702-142820-0.jpg


 s-O20160709-130347-0.jpg s-O20160702-142848-0.jpg s-O20160702-142902-0.jpg (クリック拡大可)



※掲載写真はコンデジで撮影したものです。

 今日も訪問いただきありがとうございました。
 ランキングに参加しておるでのぉ、一押し!
 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

スポンサーサイト

ヒルガオ  


 今日の「見た撮った花」は... 『ヒルガオ』 です。

 s-O20160727-123537-0.jpg
 s-O20160702-140624-0.jpg
 s-O20160702-140703-0.jpg
 『ヒルガオ』  ヒルガオ科  (2016.7.2 周辺空き地にて撮影)  花言葉=絆

 どこでも見かける変わり映えのしない花、とも言えるでしょうね。
 茎がツル状で他のものに巻き付きながら伸びます。
 花は漏斗状で裂けることはありません。
 朝開いて夕方には閉じるのでこの名前がついたのでしょう。
 似た花で海岸で見かける「ハマヒルガオ」がありますね。

 s-C20160709-095421-0.jpg

 s-O20160702-140651-0.jpg

 s-O20160702-140636-0.jpg
 繁殖力だけは強いようで、どこにでも進出してしまいます。


※掲載写真はコンデジで撮影したものです。

 今日も訪問いただきありがとうございました。
 ランキングに参加しておるでのぉ、一押し!
 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

オオハナウド  


 今日の「見た撮った花」は... 『オオハナウド』 です。

 s-O20160702-132424-0.jpg
 s-O20160702-132102-0.jpg
 s-O20160702-132343-0.jpg
 『オオハナウド』  セリ科  (2016.7.2 近隣山道にて撮影) 

 高さは2mにも達する大きさの多年草です。
 時に群生します(1枚目)。
 花は5数性で外側が大きくなっており、先が2裂しています。
 この花の形は最大の特色とも言えますね。
 
 
 s-O20160702-132133-0.jpg
 全体に毛が多く生えていてザラつきますが固くはありません。葉は大きく切れ込みと鋸歯があります。
 s-O20160702-132113-0.jpg

 s-O20160702-132309-0.jpg

 オオハナウドの若い時の葉や茎は「山菜」としても珍重されます。
 北海道のオオハナウドはアイヌも保存食にもなったそうです。
 普通の「ヤマウド」と異なり、あまり採る人はいないので「採り放題」とも言えます。
 若葉をてんぷらにしたり、茎をきんぴらや佃煮にすると美味しいそうですよ。


 s-O20160702-132040-0.jpg s-O20160702-132336-0.jpg s-O20160702-132201-0.jpg (クリック拡大可)


※掲載写真はコンデジで撮影したものです。

 今日も訪問いただきありがとうございました。
 ランキングに参加しておるでのぉ、一押し!
 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

ホザキナナカマド(ニワナナカマド)  


 今日の「見た撮った花」は... 『ホザキナナカマド』(ニワナナカマド) です。

 s-O20160705-130209-0.jpg

 s-O20160705-130318-0.jpg

 s-O20160702-143422-0.jpg
 『ホザキナナカマド』  バラ科 (2016.07.02 近隣公園にて撮影) 

 この種を「ニワナナカマド」とする図鑑なども多いようです。
 ホザキナナカマドと同じ「ホザキナナカマド属」の仲間。
 ニワナナカマドは庭木として各地で見かける低木です。
 小さな花の集合体ですが、本当の「白い花」で非常に美しいと思います。


 それでは、本来の『ホザキナナカマド』とは?
 s-O20160726-110243-0.jpg
 北海道及び東北の下北半島などに自生するものを指すようですね。
 s-O20160726-110224-0.jpg
 いかにも寒冷地に咲くような雰囲気の花です。
 葉の色や花姿も少し異なります。

 ここではWebも参考にしてニワナナカマドと併記とします。
 Webで「ホザキナナカマド」の画像検索をすると、ニワナナカマドが多かったりします。
 植物学的には多分、少し紅色がかった方が「ホザキナナカマド」かと考えます。


 s-O20160702-143316-0.jpg
 枝や花房が垂れているのがわかります。樹木の高さもニワナナカマドが大きめです。

 s-O20160702-143505-0.jpg s-O20160702-143444-0.jpg s-O20160702-143354-0.jpg (クリック拡大可)


※掲載写真はコンデジで撮影したものです。

 今日も訪問いただきありがとうございました。
 ランキングに参加しておるでのぉ、一押し!
 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

ヘラオオバコ  


 今日の「見た撮った花」は... 『ヘラオオバコ』 です。

 s-O20160630-092633-0.jpg

 s-O20160630-092844-0.jpg

 s-O20160630-092715-0.jpg
 『ヘラオオバコ』  オオバコ科 (2016.6.30 近郊草地で撮影)

 花などの写真をやらない人にとっては、ただの「雑草の穂」に過ぎません。
 形が面白いので取り上げられることもありますが。

 葉は下の方に多数つき、ヘラ状で先が尖ります。
 花穂は長い円柱形で多数の花が密につきます。
 花は下から咲き上がり、雌蕊が出た後に花糸の長い4本の雄蕊が横に突き出ます。
 上から見るとまぁ~るい輪になっているのが面白いです。

 
 s-O20160630-092655-0.jpg
 s-O20160630-092828-0.jpg


 s-O20160630-092637-0.jpg s-O20160630-092744-0.jpg s-O20160630-092859-0.jpg (クリック拡大可)
 

※掲載写真はコンデジで撮影したものです。

 今日も訪問いただきありがとうございました。
 ランキングに参加しておるでのぉ、一押し!
 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

オオダイコンソウ  


 今日の「見た撮った花」は... 『オオダイコンソウ』 です。

 s-O20160630-090902-0.jpg

 s-O20160630-090923-0.jpg

 s-O20160629-121025-0.jpg
 『オオダイコンソウ』  バラ科  (2016.6.29 近郊空き地などで撮影)

 普通の「ダイコンソウ」より全体が大きめです。
 茎葉は羽状複葉で小葉の先は尖ります。
 花は径2cmほどです。

 似た花として「ダイコンソウ」、「カラフトダイコンソウ」があります。
 異なるのは大きさ、葉と実、粗毛の有無などです。


 s-O20160629-121009-0.jpg
 判定が難しい状態のものもあります。まぁ全部「ダイコンソウ」でもいいでしょうね。
 s-O20160629-121105-0.jpg


 s-O20160630-090914-0.jpg s-O20160630-090852-0.jpg s-O20160629-120953-0.jpg (クリック拡大可)


※掲載写真はコンデジで撮影したものです。

 今日も訪問いただきありがとうございました。
 ランキングに参加しておるでのぉ、一押し!
 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

コナスビ  


 今日の「見た撮った花」は... 『コナスビ』 です。

  s-O20160629-114950-0.jpg

 s-O20160629-115112-0.jpg

 s-O20160629-115043-0.jpg
 『コナスビ』  サクラソウ科  (2016.6.29近郊山裾にて撮影)

 コナスビ...ナス科か? いいえ「サクラソウ科」の花です。
 湿地を好む花で紫っぽい茎を這わせ小さな花をつけます。
 花の径は1cmほどしかなく、他の草に隠れて見えないことも。
 小さな実ができますが、それが茄子に似ているから「コナスビ」?


 s-O20160629-115143-0.jpg
s-O20160629-115006-0.jpg


 s-O20160629-115031-0.jpg s-O20160629-114940-0.jpg s-O20160629-114955-0.jpg (クリック拡大可)



※掲載写真はコンデジで撮影したものです。

 今日も訪問いただきありがとうございました。
 ランキングに参加しておるでのぉ、一押し!
 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

エゾスカシユリ  


 今日の「見た撮った花」は... 『エゾスカシユリ』 です。

 s-C20160627-083843-0.jpg

 s-O20160713-100718-0.jpg

 s-O20160713-100703-0.jpg
 『エゾスカシユリ』 ユリ科  (2016.6.27 近郊山裾にて撮影)  

 ユリ科多年草で時に群生します。(蝦夷透百合)
 花は漏斗状に開き、花被片は6枚で内側に斑点があります。
 片の間がすけて見えることから「スカシユリ」の名が。
 近年は苗を売る店等で販売もされているようで、家庭の庭でも見掛けます。


 s-C20160627-083832-0.jpg

 s-C20160627-083853-0.jpg

 s-C20160627-083832-0.jpg

 s-O20160713-100713-0.jpg



※掲載写真はコンデジで撮影したものです。

 今日も訪問いただきありがとうございました。
 ランキングに参加しておるでのぉ、一押し!
 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

サラサウツギ  


 今日の「見た撮った花」は... 『サラサウツギ』 (サクラウツギ、ヤエウツギ) です。

 s-O20160702-142916-0.jpg

 s-O20160629-112330-0.jpg

 s-O20160629-112348-0.jpg
 『サラサウツギ』 (別名:サクラウツギ, ヤエウツギ、ツカサウツギ)  ユキノシタ科 (2016.6.29 近隣公園にて撮影)

 ユキノシタ科の低木で外側が紅紫色、内側が白色の八重咲きウツギ。
 本来はウツギ属ウツギの園芸品種ですが、山野でも見掛けます。
 良い香りがする花を下向きにつけます。
 花の後にできる実は熟すると下部が裂け、種子が散布されます。


 s-O20160629-112457-0.jpg

 s-O20160629-112416-0.jpg
 開花前の蕾を見るとピンクの花が咲きそうな気がします。
 同属で真っ白な八重咲きの花もあります=シロバナヤエウツギ

 s-O20160629-112334-0.jpg s-O20160702-143244-0.jpg s-O20160629-112400-0.jpg (クリック拡大可)


※掲載写真はコンデジで撮影したものです。

 今日も訪問いただきありがとうございました。
 ランキングに参加しておるでのぉ、一押し!
 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

フタリシズカ  


 今日の「見た撮った花」は... 『フタリシズカ』 です。

 s-O20160629-111652-0.jpg

 s-O20160629-111741-0.jpg

 s-O20160629-111827-0.jpg
 『フタリシズカ』 センリョウ科  (2016.6.29近隣林内にて撮影)  花言葉=いつまでも一緒に

 高さは30cmほどになる多年草です。
 葉は2-3対で細かな鋸歯縁、茎頂に3-5cmの花穂を1-4本つけます。
 花には花弁も萼片も無い変わった造りになっています。
 花穂が二本のことが多いので「フタリシズカ」ですが、賑やかな本数もあります。
 

 同じセンリョウ科で「ヒトリシズカ」が有名ですが、見たイメージは異なりますね。  『ヒトリシズカ』
 ヒトリシズカs-C20160511-0


 s-O20160629-111716-0.jpg

 s-O20160629-111851-0.jpg

 s-O20160629-111940-0.jpg
 本来はこのように花穂二本タイプが基本です。


※掲載写真はコンデジで撮影したものです。

 今日も訪問いただきありがとうございました。
 ランキングに参加しておるでのぉ、一押し!
 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

▲Page top