野の花・山の花 見た撮った

日課のウォーキングや山歩きで見つけた「野山の花」写真ブログです。

エゾニワトコ  


 6月も今日でオシマイ! 北海道オホーツク圏は30度まで暑くなりました。
 3日前には朝夕にストーブを入れていたのに、28日から天候回復!

 さて、今日の「見た撮った花」は... 『エゾニワトコ』 です。  

 s-A20160603-140154-0.jpg

 s-A20160603-140138-0.jpg
 『エゾニワトコ』  スイカズラ科 (2016.6.3 近郊山道にて撮影)

 高さ2-5m程度のスイカズラ科落葉低木です。
 葉はノコギリ状で先が尖っています。
 花は集散状に多数つきます。
 
 s-O20160606-101259-0.jpg
 花冠は5深裂して直径5mmほど、裂片は反り返っています。
 後に赤い実が付きます。

 s-C20160606-100746-0.jpg
 花の形が肉眼だと今ひとつ確認できないやっかいな花かもしれません。


 s-O20160614-134752-0.jpg s-O20160614-134731-0.jpg s-O20160606-101317-0.jpg (クリック拡大可)



 今日も訪問いただきありがとうございました。
 ランキングに参加しておるでのぉ、一押し!
 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ


スポンサーサイト

ムシトリナデシコ  


 今日の「見た撮った花」は... 『ムシトリナデシコ』 です。

 s-C20160624-054907-0.jpg

 s-O20160624-064748-0.jpg
 『ムシトリナデシコ』  ナデシコ科  (2016.6.24 近隣道端で撮影)  花言葉=誘惑、未練など

 名前から殺虫剤などに使われる?と思ってしまいます。
 茎の節から褐色の粘液を分泌しますが、虫を捕らえるものではありません。
 虫が寄ってくるのは事実のようで「ハエトリナデシコ」の別名もあります。
 ヨーロッパ原産のナデシコ科1-2年草で江戸時代に渡来したと言われます。


 s-O20160624-064808-0.jpg
 実際に虫が付いていのは見たことがありません。綺麗な花姿ですね。
 先に雄しべが出て、雄しべが枯れる頃に雌しべが出てきます。

 s-C20160624-054859-0.jpg
 本来は園芸用だったのですが、野生化して道端や空き地などアチコチで見掛けます。


 s-O20160624-064804-0.jpg s-O20160605-104932-0.jpg s-O20160605-104940-0.jpg (クリック拡大可)



 今日も訪問いただきありがとうございました。
 ランキングに参加しておるでのぉ、一押し!
 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ


エゾ(ノ)レイジンソウ  


 今日の「見た撮った花」は... 『エゾレイジンソウ』 です。

 s-O20160603-112512-0.jpg
 
 s-O20160603-092409-0.jpg
 『エゾレイジンソウ』 蝦夷伶人草  キンポウゲ科  (2016.5.3 近郊山道にて撮影)

 「エゾノレイジンソウ」と(ノ)を付ける呼び方もあります。
 大きい物は1mを超すキンポウゲ科の多年草です。
 原則として本州以南には無い花で、道央以北・以東で見られる花です。
 変種も多く、それぞれ発見された地名を付けているようです。

 s-O20160603-112551-0.jpg
 花は薄緑色で長さ2.5-3cm、5枚の萼片が花弁や雄しべ雌しべを包んでいます。
 

 s-O20160603-092324-0.jpg
 全体が緑に見えるのですが、大きめな花なので比較的目に付く花です。
 s-O20160603-092415-0.jpg


 s-O20160603-092442-0.jpg s-O20160603-112600-0.jpg s-O20160603-112829-0.jpg



 今日も訪問いただきありがとうございました。
 ランキングに参加しておるでのぉ、一押し!
 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ


ムラサキツユクサ  


 今日の「見た撮った花」は... 『ムラサキツユクサ』 です。

 s-O20160612-102023-0.jpg

 s-P20160620-135832-0.jpg
 『ムラサキツユクサ』  ツユクサ科  (2016.6.12 付近の林内、草地で撮影)  花言葉=貴ぶ、尊敬

 ツユクサ科の多年草です。
 アメリカ産の花ですが、園芸種で様々な交配種も生まれています。
 野生化して野原でも見掛けることが多くなったことから、今回取り上げました。
 通常見かけるのはムラサキツユクサとオオムラサキツユクサを掛け合わせた園芸品種と言われます。
 紫色、白色の他に薄いピンク、斑な花などもあるようです。 

 s-O20160612-102050-0.jpg
 花は1日で終りますが、次々に咲くので長持ちしているように見えます。
 陽射しが強すぎると半日でしぼんでしまうことも。
 寒さにも強く、繁殖力は強そうですね。
 個人的には「葉っぱが多すぎて邪魔」に感じます。

 s-O20160624-063835-0.jpg


 s-C20160602-085312-0.jpg s-O20160612-104129-0.jpg s-O20160624-063825-0.jpg (クリック拡大可)



 今日も訪問いただきありがとうございました。
 ランキングに参加しておるでのぉ、一押し!
 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ


クルマバツクバネソウ  


 今日の「見た撮った花」は... 『クルマバツクバネソウ』 です。

 s-C20160527-091541-0.jpg

 s-C20160527-091517-0.jpg
 『クルマバツクバネソウ』  ユリ科  (2016.5.27近隣公園林内にて撮影)  

 高さ20-30cmになるユリ科の多年草です。
 葉が茎頂に6-8枚、輪生していることから名づいたもの。
 花は1個茎頂につき、葉のように見えるガク片が4枚あります。
 花弁は糸状で垂れています。雄しべは8本です。
 過日は球形で黒く熟します。

 s-O20160520-090530-0.jpg
 何とも面白い花の形ですが...個人的には今ひとつ好きになれない花です。 
 何故か? 草むらでパッと見た時に真ん中の黒い部分が「クモ」に見えるから...
 単に「クモ」が好きでないから? その通りです!


 s-O20160520-090515-0.jpg
 輪になっている葉の数は一定していません。5-6月に低地・低山の林内などで見られます。
 s-C20160520-090203-0.jpg


 今日も訪問いただきありがとうございました。
 ランキングに参加しておるでのぉ、一押し!
 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ


▲Page top