野の花・山の花 見た撮った

日課のウォーキングや山歩きで見つけた「野山の花」写真ブログです。

ノブキ


 今日の「見た撮った花」は... 『ノブキ』 です。

 s-O20160806-151600-0.jpg

 s-O20160806-151541-0.jpg

 s-O20160806-151529-0.jpg
 『ノブキ』  キク科  (2016.8.6 近隣公園林地にて撮影)  

 高いもので1mほどになるキク科の多年草。
 葉は下部に集まり三角状心形で縁に不規則な歯があり、裏面は綿毛があり白く見えます。
 頭花はまばらに多数つき、径7-8mm。
 中心部に雄性の、周りに雌性の筒状花がつきます。
 薬草として利用もありますが、普通のフキと異なり食用にはあまり向かないようです。
 

 s-O20160806-151501-0.jpg
 s-O20160814-090447-0.jpg
 果実はこん棒状で粘る腺毛が密生し動物や人の衣服に付着して運ばれます。


 s-O20160806-151508-0.jpg s-O20160814-090429-0.jpg s-O20160814-090414-0.jpg (クリック拡大可)


※掲載写真は(一部を除き)コンデジで撮影したものです。(ピントが甘い)

 今日も訪問いただきありがとうございました。
 ランキングに参加しておるでのぉ、一押し!
 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

スポンサーサイト

エゾフウロ


 今日の「見た撮った花」は... 『エゾフウロ』 です。

 s-O20160802-091438-0.jpg

 s-O20160714-124936-0.jpg

 s-O20160714-125020-0.jpg
 『エゾフウロ』  フウロソウ科  (2016.8.2 近郊山道にて撮影)

 高さ30-80cmほどになるフウロソウ科の多年草。
 よく分岐して茂みをつくります。
 茎や葉柄に斜め下向きの毛が密生します。
 葉は掌状に5深裂し、裂片はさらに切れ込みます。
 花は通常2個ずつつき、径2.5-3cmほど。
 花弁は5枚、萼片も5枚で毛が密生します。

 s-O20160802-091433-0.jpg
 s-O20160714-124927-0.jpg
 判別が難しい似た花として「ハマフウロ」やピレネーフウロ」、「ゲンノショウコ」 などがあります。
 毛の有無や葉・柄の状態を見て判断します。

 s-O20160714-124945-0.jpg s-O20160802-091445-0.jpg s-O20160802-091505-0.jpg (クリック拡大可)



※掲載写真は(一部を除き)コンデジで撮影したものです。(ピントが甘い)

 今日も訪問いただきありがとうございました。
 ランキングに参加しておるでのぉ、一押し!
 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

ミミコウモリ

 今日の「見た撮った花」は... 『ミミコウモリ』 です。

 s-O20160802-095642-0.jpg

 s-O20160802-095659-0.jpg

 s-O20160802-095730-0.jpg
 『ミミコウモリ』  キク科  (2016.8.2 近郊山道にて撮影)  

 高さ1mほどになるキク科多年草。(耳蝙蝠)
 葉がコウモリの羽に似ていることから名付いたようです。
 茎は節ごとに折れ曲がり、葉柄の基部が耳状となり茎を抱きます。
 頭花は総状花序に多数つき長さは1cmほどで、先が5裂の筒状花です。
 かなり長期間に渡り野山で見られます。
 葉柄基部にむかごが付く変種で「コモチミミココウモリ」も同じ花姿です。
 
 s-O20160802-095818-0.jpg
 s-O20160802-095738-0.jpg
 可愛くカールした姿は同属の「モミジガサ」 「ヨブスマソウ」等と同じです。


 s-O20160802-091719-0.jpg s-O20160802-095747-0.jpg s-O20160802-095727-0.jpg (クリック拡大可)



※掲載写真は(一部を除き)コンデジで撮影したものです。(ピントが甘い)

 今日も訪問いただきありがとうございました。
 ランキングに参加しておるでのぉ、一押し!
 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

イヌタデ


 今日の「見た撮った花」は... 『イヌタデ』 です。

 s-O20160802-102354-0.jpg

 s-C20160810-103651-0.jpg

 s-O20160802-102327-0.jpg
 『イヌタデ』  タデ科  (2016.8.2 近郊野山にて撮影)  花言葉=「あなたのお役立ちたい

 高さ20-50cmの1年草。
 葉は互生し披針形~長楕円形で托葉鞘の上縁に鞘と同長の長い毛があります。
 花は長さ2-5cmの穂に密につき、花被は5個に分裂します。
 果実は3陵形で黒くツヤがあります。
 この端の大型種で園芸用のものもありますね。
 名前にある「イヌ」は役に立たないものという意味で他でも使われますね。
 (イヌが可哀想かな)


 s-O20160802-102402-0.jpg
 s-O20160802-102335-0.jpg
 このイヌタデは繁殖力も強く、よく畑などで増殖し、ピンクの絨毯が出来たりします。
 そのうちにそんな景色もUPします。(縮小版最後の1枚はそんな一部です)

 s-C20160810-103659-0.jpg s-C20160810-103734-0.jpg s-O20160921-114620-0.jpg (クリック拡大可)


※掲載写真は(一部を除き)コンデジで撮影したものです。(ピントが甘い)

 今日も訪問いただきありがとうございました。
 ランキングに参加しておるでのぉ、一押し!
 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

コバギボウシ


 今日の「見た撮った花」は... 『コバギボウシ』 です。

 s-P20160731-152331-0.jpg

 s-P20160731-152250-0.jpg

 s-P20160731-152340-0.jpg
 『コバギボウシ』  ユリ科  (2016.7.31 近隣公園林地内で撮影)  花言葉=沈静、静かな人

 高さ40cm~1mほどになるユリ科多年草。
 ユリ科としましたが、近年は取り分けて『キジカクシ科』との記載もあります。
 葉は根生して斜めに立ち、楕円形で葉脈が目立ちます。
 花はやや下向きに数個~10個ほどつき、長さ5-6cm。
 花被片6枚が基部で合着して漏斗状になり、開口部は6枚の裂片となります。
 北海道のものは葉が大きく変種「タチギボウシ」との見解もあります。


 s-P20160731-152400-0.jpg
 s-P20160731-152337-0.jpg



 s-P20160731-152407-0.jpg s-P20160731-152257-0.jpg s-P20160731-152236-0.jpg (クリック拡大可)



※掲載写真は(一部を除き)コンデジで撮影したものです。(ピントが甘い)

 今日も訪問いただきありがとうございました。
 ランキングに参加しておるでのぉ、一押し!
 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ