野の花・山の花 見た撮った

日課のウォーキングや山歩きで見つけた「野山の花」写真ブログです。

フキタンポポ  

 タンポポにしてはちょっと変化な?と思った花じゃ
 よく見れば花爺が初めて撮ることになった花じゃった。

 今日の「見た撮った花」は... 『フキタンポポ』 という早春の花じゃ。

 s-K5-20170424-135505-0.jpg

 s-TG3-20170415-133002-0.jpg

 s-TG3-20170415-133106-0.jpg

 s-TG3-20170421-124339-0.jpg

 『フキタンポポ』   キク科  (2017.4.15 近隣遊歩道脇で撮影)

 タンポポという名前がついているが、タンポポ属ではなく「フキタンポポ属」なんじゃな。
 フキタンポポ属にはこの花一種だけじゃ。
 花が似ているからタンポポ名がくっついたようでな、フキは葉っぱが似ておるからじゃと。
 特徴は以下の通り。

  高さは10cm前後の根だけで越冬するキク科の宿根多年草。
  花季は1-3月であるが、北海道では4月。
  黄色い頭花は径2-3cm、少数の筒状花の周りを多数の舌状花が囲む。
  開花後、フキ形の葉を根元から広げる。
  原産国は中国~ヨーロッパで、日本には明治維新頃に入ってきた。


 s-TG3-20170421-124520-0.jpg

 s-TG3-20170421-124415-0.jpg

 s-TG3-20170415-132918-0.jpg

 s-TG3-20170415-133029-0.jpg

 蕾は款冬花(かんとうか)という生薬で、鎮咳去痰作用があるのじゃが、
  肝毒性が強いピロリジジンアルカロイドを含んでいるようで、使用中止になったりしておる。

 花の咲く時期や姿がフクジュソウに似ている事から、
  福寿草の代わりに正月用の寄せ植えなどに好評なようじゃな。



※掲載写真は(一部を除き)コンデジで撮影したものじゃ。(ピントが甘い)

 コメント欄は勝手ながら表示しておらんでの、手数を掛けるが拍手ボタンから頼むぞぃ。

 今日も来てもらってすまんのぉ。
 ランキングに参加しておるでのぉ、一押し!
 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

スポンサーサイト

ナニワズ  

 春先の雪が残る頃に開花する低木の花じゃ。

 今日の「見た撮った花」は... 『ナニワズ』 という樹木の花じゃ。

 s-TG3-20170419-091420-0.jpg

 s-TG3-20170419-091827-0.jpg

 s-TG3-20170419-091801-0.jpg

 s-TG3-20170419-091515-0.jpg

 s-TG3-20170419-091559-0.jpg

 『ナニワズ』   ジンチョウゲ科  (2017.4.19 近郊山道で撮影)

 この花には別名があってな、エゾナツボウズとかオニシバリとも呼ばれておる。
 同じものとして捉える場合と、別物として捉える場合があるようじゃ。
 ナツボウズ=夏に葉を落としてしまうから...
 オニシバリ=皮が丈夫で鬼も縛れると言われたから...
 ナニワズの特徴は以下のとおり。

  高さ50cmほどになる小低木。
  葉は倒披針形で長さ6-7cm、裏面は白っぽく夏に落葉する。
  落葉した後、秋には新芽が出て冬を越し、早春に開花する。
  雌雄異株で黄色く見える花びらのような部分はガクである。
  黄色の筒状ガクが4深裂している。
  雄花の経は1.5cmほどで、雌花はより小さい。
  果実は赤い液果で丸~楕円形。

 オニシバリを別物として捉える場合は、葉の先が少し尖る、
  花の色が薄黄緑色である、等としているようじゃな。


 s-TG3-20170419-091443-0.jpg

 s-TG3-20170419-091515-0.jpg

 s-TG3-20170419-091525-0.jpg

 s-TG3-20170419-091732-0.jpg

 花びらに見えるガクは、少し分厚い感じがするのぅ。
 春に新しい枝が伸びる頃に実がなり、夏には実が赤く色づき、葉が落ちるんじゃな。
 日本では東北から北に分布する花じゃな。




※掲載写真は(一部を除き)コンデジで撮影したものじゃ。(ピントが甘い)

 コメント欄は勝手ながら表示しておらんでの、手数を掛けるが拍手ボタンから頼むぞぃ。

 今日も来てもらってすまんのぉ。
 ランキングに参加しておるでのぉ、一押し!
 にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

▲Page top